接客 態度 クレーム

接客の態度によってはクレームが付きやすくなります

スポンサーリンク

昔ながらのお店ということだと、店員さんが横柄であったりしても、そういったお店だからねとなんとなく許されてしまうということもあります。
しかし最近ではチェーン店も増えてきているという面で、全国的に接客については口うるさく指導されているというお店もあり、全国的な接客レベルという面では上がってきているというように感じられるのではないでしょうか。
店員の態度というものには、レストランの口コミサイトなどを見てみるとわかるように、非常に細かく意識を向けているお客さんが多いということも言えます。
いらっしゃいませというような入店挨拶から、お客様にお待たせしている時のお詫びなど全てにおいて、気にしてみているというお客様がふえているというように考えておいたほうがいいでしょう。
また口コミサイトに投稿されるということも想定すると、できるだけ丁寧に接客をするという事の方がクレームにもならずお店にとっても、店員さんとっても、また同時にお客さんにとってもプラスになるということは言うまでもありません。
クレームになる態度というのはやはり、お客様をないがしろにしているということが明らかになる場合です。
態度によってはすぐにクレームを言われるだけでなく、後から本部にクレームを入れるという場合もあるので、きちんとした接客が必要です。

スポンサーリンク

気持ちの良い対応をしていても、お客様の立場としてはある意味お金を払ってサービスをかっているという意識があるため、なかなかお褒めの言葉をいただけることはありません。
しかしそれほど悪い接客をしていないにもかかわらず、クレームになるという場合には、基本的にお客様に挨拶をしっかりしていないという場合や、来店の感謝というものがはっきりと伝わっていないという事があげられます。
料理の提供が遅いという場合でも、申し訳ないという気持ちをお客様に伝えることによって、クレームにならないということもあります。
ですから接客を丁寧に、お客様の立場になって対応することによって、お客様からはよい店、また来たいお店ということで認識してもらえるということが考えられます。
しっかりと対応し、笑顔や表情を伴った応対をすることを心がけることによって、かなりイメージが良いものとなりますので、しっかりと意識をして表情づくりやお客様の声掛けを行うことが必要です。

スポンサーリンク