アパレル 接客 ファーストアプローチ

アパレルの接客のファーストアプローチの方法

スポンサーリンク

アパレルの接客では、ファーストアプローチが一番肝心になります。
ファーストアプローチはお客様がお店に入ってから店員との初めての接触になるからです。
人間でも第一印象が良い人は、好感を持たれますがそれは接客でも同じことが言えます。
接客で最初の印象が良ければそのまま、話が盛り上がったりあっという間に距離を縮めて仲良くなることが出来ます。
逆にファーストアプローチのタイミングが良くなかったり、上手く会話やアイコンタクトが取れないとお客様は警戒したり心を開いてくれなくなることがあります。
アパレルのお店に入るお客様は皆何かを求めてきている人も居れば、ふらっと時間つぶしになんとなくお店に入るお客様も居ます。
何かを探しに来ているお客様には最初から商品に関わる話をしても聞いてもらえることが多いですが、特に何を探しているわけでもないお客様には外の天気の話だったり世間話のような商品に関係ない話のほうが会話しやすいことがあります。

スポンサーリンク

アパレルのお店に入るお客様は接客慣れしている人も居れば、慣れていない人、接客自体が苦手という人も居ます。
出来るだけ快適に過ごしてもらうようにするには、入ってきたお客さまを短時間でよく観察してどんな会話が良いのか見極めるようにして話しかけるようにします。
あまり様子を見過ぎると見られている感じがすることもありますし、話しかけるタイミングを失うことになるのでファーストアプローチは入店してすぐに話しかけるのが基本です。
ファーストアプローチから次のアプローチまでは様子を見て少し時間を置いても良いですが、最初は入店からすぐにお声がけするほうが良いです。
軽く挨拶するような感じで気軽にお声がけします。
店員の役割は、いかにお店に魅力的な商品があってどんな組み合わせをするとお客様の好きな着こなしが出来るのかを提案することです。
言葉でただ説明を並べてもお客様はイメージがわかないことが多いので、自分で動いて実際に服を手に取って見せながら視覚化させていくことが大切です。

スポンサーリンク