接客 サービス 標語

接客サービスはスタッフ目線での標語で考える

スポンサーリンク

お店などを経営していると、いろいろなお客様が来店されます。
その方たちに対して、どのようなサービスを提供するかでお店の価値が決まっていきます。
もちろんすべてのお客様に満足していただくことが最重要なのですが、100%満足していただくことは難しいのが現実です。
どうすれば実現していくことができるのか、といったことを考えると、結局従業員の意識を変えて行くことが一番の近道です。
従業員も人間ですので、その日の気分によって、その対応に偏りが生じてくることがあります。
楽しい気持ちの時は良いのですが、彼らが落ち込んでいたり腹立たしい気分の時にはどうしても表情に出てしまう場合があります。
そこを直していった上で、お客様への接客方法やサービスを考えていかなければなりません。
管理運営上、あまり厳しく縛り付けても従業員は育ちませんし、逆に働く意欲をなくすことにもなりかねません。
いかに意識を向上させながら、お客様へのサービスを高めて行くかがカギになります。

スポンサーリンク

どのようにサービスを向上させていくかについて、まずお店や会社での標語を作り意識に浸透させていくことが重要です。
ひとくちに標語といっても、例えば売り上げ第一などといった会社側目線の標語であればお客様が意識の外に映ってしまうことになりますし、お客様第一というのであれば具体的に何をすればよいのか従業員は困ってしまいます。
より具体的に、しかもお客様の方向を向いた言葉が必要になってきます。
お客様と接客するのは現場のスタッフです。
常にお客様第一と考えるのであれば、例えばいつも笑顔をたやさない、などという標語であれば接客の際に話しかけやすいというイメージを持たれ、お店や会社の印象がずいぶんと違ってきます。
お客様が何か困っている場合でも、スタッフが笑顔で話しかけることによりお客様も気分よく相談することができます。
結局人間対人間のコミニュケーションですので、接客するスタッフの目線で標語を決めて運営していくことが重要になっていきます。

スポンサーリンク