接客 スキル 向上

接客スキル向上のために気を付けること

スポンサーリンク

新生活を送るにあたり新たなお仕事に接客を始めた人もいるのではないでしょうか。
一通りのマニュアルを覚えれば、接客を行うことはできます。
ですが、せっかくあなたからサービスを提供される、または商品を手に入れる人に画一的で面白みのない応対をしていてはつまりません。
しかし、あまりにも自分をアピールしすぎる店員さんも、自分がお客さんの立場であれば避けたいところです。
さりげない気遣い、気に障らない声掛けを行うことができてこそ、あなたもお客様も満足できる接客を行うことができます。
では、どのようにすればそのスキルを向上させることができるでしょう。
大切なのはまず気働きをさせること。
人は自分の要求や考えをを口で語るよりも目や表情で表します。
また、魅力や雰囲気を耳で聞くよりも目で見て感じます。
決してお客さんの言っていることを全ての情報と捉えず、また自分の口で商品アピールすることだけに固執せずにいることが大切です。

スポンサーリンク

例えば、口で「いいな」といいながらしきりに他の商品を探すように目線が揺れていればまだ心は決まっていないと判断がつきます。
きつい口調で話していても表情が不安そうであれば、怒っているのではなく戸惑っているのです。
また、お店の雰囲気をよくしたいのであれば、見えないであろう部分もきれいに整えなければ雑然とした雰囲気がでてしまいます。
おすすめしてくれる人の表情が疲れていたり暗ければ、商品やサービスの良さも半減してしまいます。
接客のスキルを向上させることは並大抵のことではありません。
知識、豊富なおすすめワード、その人その人に的確に合わせた態度、など極めなければならないことはたくさんあります。
しかし、そういった上級スキルに手を出す前に、大切なのはその基礎となる気働きをきちんとできるようにすることです。
目の前のお客さんが何を求めているのか、何を思っているのかをきちんと把握すること、お店の状況や自分の表情がどういった情報を伝えているかを把握することが接客スキルを向上させるためには必要不可欠な能力です。

スポンサーリンク