接客 言葉遣い 一覧

接客に関する言葉遣いは一覧表にまとめて覚えることがおすすめです

スポンサーリンク

接客業に欠かすことが出来ない重要なこととは、来店されたお客様に分り易く商品を紹介しあるいは説明をし、真心を込めて親切丁寧に対応することが重要なこととなります。
来店されたお客様が気持ちよく商品を購入することが出来、お買い物後にも再度来店したいという気持ちを抱いていただけるように、言葉遣い一つ一つにも細心の注意をおこなって業務に就くことが必要となります。
しかし、人間には感情というものがあり、その感情を押し殺してまで相手に尽くすことが苦手だという方も居られるかと思います。
そのような方であっても接客業として失敗をしないようにするために、何らかの対策を取る必要が出てくるものです。
そこでお勧めできるのが、接客に関する言葉使いを一覧表にして、何度も読み返しご自身で発声練習を行い頭に暗記させるという練習方法です。
凄く単純な方法ではありますが、いざ接客中にご自身の感情が高まってしまった際でも、この練習をしていたおかげで言葉遣いを間違うこと無く対処することが出来るのです。

スポンサーリンク

一覧表の作り方は簡単です。
基本的な言葉だけで作成するとまずは挨拶となる「いらっしゃいませ」から始まり、お客様の注文を聞き逃してしまった場合に使用することが出来る「恐れ入りますが」、お客様からの注文を承諾した際の「かしこまりました」、お客様にお待ち頂く場合の「少々お待ちください」、お客様を待たせてしまった場合に使用できる「お待たせいたしました」、お客様からの要求をお断りする際の「誠に申し訳ございません」、感謝の気持ちを伝える際の「有難う御座いました」、これ等がどのような接客業でも使用できる基本的な言葉遣いとなります。
これら基本的な言葉にさらにその接客業に必要となる重要ワードを要所要所に書き足すことによって、ご自身にとって業務から切り離すことが出来ない言葉使いの一覧表を作り上げることが出来ます。
言葉一つ一つには相手の気分を害してしまうといった言葉もありますので、細心の注意を持って一覧法を作成することがおすすめ出来ます。

スポンサーリンク