接客 声かけ フレーズ

接客時の声かけやフレーズを身につけておくことが大切です

スポンサーリンク

接客の仕事をしていて、いまいちお客様への声かけが苦手だという人はいないでしょうか。
普通の話をするときと 接客時の、声かけやフレーズというのは、まったく違います。
どのような声かけが、お客様にとって心地いいものなのか、良いサービスを受けているな というように感じていただけるのかを常に意識して行くということが、大変重要となります。
とはいえ、普段の言葉づかいと違う声掛けをするというのは、1から自分で考えると大変難しいものとなります。
そういった際は、基本的な接客のフレーズというものを、覚えて身につけていく、ということから 始めてみましょう。
例えば接客のマニュアルや、本などを参考にしてみるということから声かけのフレーズなど覚えることができます。
まずは謙譲語や敬語というものにスポットを当てて考えてみましょう 。
普段話している言葉では謙譲語や丁寧語というものを意識してはいないのではないでしょうか 。
しかし、接客では必ず必要とされる言葉づかいでもありますので、注意して身に付けましょう。

スポンサーリンク

丁寧語、謙譲語などをきちんと身につけた後には、接客でどのような言葉かけが必要なのか、というのを具体的に考えていきましょう。
本やマニュアルにのっている声かけのフレーズを丸々そのまま身につけたとしても、自分の仕事にすべてがあてはまるかというのは疑問が残ります。
毎日必ず必要なお客様との対話、必要なフレーズというものは、それぞれの人によって違いが出てきます。
ですので、マニュアルに過剰依存することなく、自分の仕事に対して最適な物をチョイスしていくということを意識していきましょう。
また自分の仕事場だけにとらわれず、出かけたときなどに、より良い応対方法 を学ぶ、という意味でも、ほかの人のやり方を学び、知識や技術を盗むということも大切になります。
自分自身がされて気持ちがいい声かけは何なのかというのを反芻して実施できるようにしてみるというのも、良い技術向上のきっかけになるのではないでしょうか。
積極的な勉強をすることできちんとした応対や言葉遣いができるようになります。

スポンサーリンク