接客 レジ 言葉遣い

レジの接客の言葉遣いについて

スポンサーリンク

飲食店宿では支払いの際にレジを利用することがあります。
この時にもお店のスタッフと会話をすることがありますが、注意しなければいけないのはお客さんに対する言葉遣いとなります。
接客はお店で商品を選ぶときだけではありません。
このほかにも注意をしなければいけないことがあります。
その最終段階とも言えるのがレジとなります。
会計に関しては基本的にお店で行うようになっていますが、いくつかの言葉遣いの注意点があります。
商品を選んだ後には、購入という流れとなっていますが、レジへ誘導をする必要があります。
この時にはありがとうございますというひと言を添えるようにします。
接客の際には商品サイズや点数、このほかには汚れなどの確認を行うようにします。
また金額を忘れずに伝えることが大切です。
商品の金額を伝えるときには敬語を使うようにします。
たとえば5000円の場合には、5000円でございますというように伝えるようにします。

スポンサーリンク

ここで注意しなければいけないことがあります。
お客さんからお金を頂くときには、かならず金額を復唱するようにします。
お金を受け取るときの言葉遣いとしては、1万円お預かりしますや5000円ちょうど頂きますというように接客をするようにします。
おつりがある場合には、かならず渡す金額を伝えるようにします。
おつりを渡すときの言葉遣いとしては、4000円お返しでございますというように伝えるようにします。
お客さんがおつりをしっかりと確認し、財布の中にお金をしまい出したときには、支払われたお金をレジの中に入れるようにします。
このタイミングが非常に重要となります。
ここでレジの中にしまうタイミングが早すぎるということになれば、おつり間違いなどのトラブルが発生したときに、実際にどのくらいの金額をもらったかわからなくなってしまうからです。
クレジットカードで支払いを行うという人がいますが、この場合にはお客さんに対して支払い回数を確認するようにします。

スポンサーリンク