接客 8大用語 覚え方

接客で必要な8大用語の覚え方

スポンサーリンク

接客で重要な言葉づかい。
普段から敬語などを使っている人でも接客用の言葉となるとまた違ってきます。
今回は、そんな接客で役立つ8大用語の覚え方について紹介します。
まず、接客の8大用語とは、「ありがとうございました」「おそれいります」「いらっしゃいませ」「申し訳ございません」「お待たせいたしました」「かしこまりました」「失礼いたしました」の8つになります。
これは、接客をする上で必ず必要になってくる言葉です。
一つ一つは難しくない言葉ですが、いざ現場で使用するとなると、とっさに言葉が出てこなかったりします。
そのため、練習としては、まずはこの8大用語を覚える所から始まります。
覚え方のコツとしては、お客様が入店されてから帰るまでの流れにそってシュミレーションしながら覚えることです。
英単語の暗記のようにではなく、どんなシチュエーションの時にどれを使うかといったように、具体的に考えながら覚えると覚えやすくなります。

スポンサーリンク

また、普段言い慣れていない人は、実際に口に出してみるのもいいです。
言い慣れていない言葉の場合、いざ言おうと思っても、噛んでしまったり、言い間違えてしまうこともあります。
シュミレーションでは、落ち着いて、自分の口からこの言葉を発生することで、言葉としても覚えていきますし、またこれらをいうときの速さなども確認することができます。
また、もう一つ覚え方のコツとして、この8大用語は、接客中にいろんなお客様に何度も使いますが、お客様一人一人に気持ちを込めて言うことが大切なので、そういった気持ちを込めて練習することが必要です。
実際にお客様が自分の目の前にいると思い、そのお客様に対して、丁寧に気持ちを込めた言い方を考えながら練習するとより効果的です。
自分一人では、早さなどが心配と考えるなら、同僚などに聞いてもらったりするのもいいです。
言われた相手がどのように思うかを判断してもらい、改善していく材料にしていくのです。
そうやって繰り返していくことが覚え方の重要なコツとなってきます。

スポンサーリンク