接客 言葉遣い 本

接客の言葉遣いは本を読んで習得

スポンサーリンク

接客で肝心なことは、真心です。
自分自身の損得はありますが、それを踏まえつつも、お客さんの立場になって接することが重要となります。
ただ、いくら真心があっても、それが伝わらなければ無意味です。
ですから、真心を伝える術も心得ておく必要があります。
心得ておくべきは主として2つ、身なりと言葉遣いです。
だらしない身なりの人に接客されるよりも、きちんとした身なりの人に接客される方が気持ちが良いのは当然です。
言葉遣いも同様であり、きちんとした言葉を用いて接客されると気分が良くなるものです。
ですから、この2つを向上させることに努めるべきです。
ただ、身なりは注意さえ払えば、すぐにでも向上させることができますが、言葉遣いは、そうはいかないものです。
言葉遣いは咄嗟の対応力と関係していますから、注意を払うだけでは、どこかでボロが出てしまう可能性が大いにあります。
ですから、きちんとした言葉遣いを身につけるためには、日頃から訓練をする必要があります。

スポンサーリンク

その訓練の1つとして挙げられるのが、読書です。
本に書かれている文章は、どんな本であっても概ね、しっかりとした文章で書かれています。
そうでなければ、読者に伝わらないからです。
つまり、本の作者は文章のみで表現することをしているわけですから、言葉遣いの向上に本は持って来いというわけです。
また、本に書かれている文章は、普段の会話では耳慣れない言葉が用いられていることが往々にしてありますから、ボキャブラリーの向上にもなります。
そして、読書をすることは追体験することだと言います。
つまり本には、日常生活では知り得ることができない知識が豊富に詰まっており、読書をすることで、その知識を我がものとすることができるのです。
接客では、お客さんと親しくなることも大事となります。
親しくなるためには、会話を充実させる必要があります。
また、ひらめき、アイデアといったことも接客には大切です。
読書は、そういったことにも効力を発揮します。

スポンサーリンク