接客 笑顔 コツ

接客時の笑顔をもっと素敵にするコツ

スポンサーリンク

接客業に携わる人が身に付けるべきマナーはたくさんあります。
敬語の使い方やお辞儀の仕方、電話の取り方やかけ方など初歩的なものからクレーム対応といった複雑なものまで多岐にわたります。
その中でも特に見過ごされがちなのが笑顔です。
これは接客の際に相手に与えるイメージに大きな影響を与える一方で、業務にあたる本人は意外と気付かないという難しい分野の一つです。
微笑みながら仕事を、と言っても単に笑えば良いというわけではありません。
ヘラヘラ笑うと真剣さに欠けていると見なされますし、無理して表情を作っているというイメージを持たれてしまい、逆効果です。
ニヤニヤした表情もどこか気持ち悪い印象を与えてしまいます。
接客する状況や相手にも左右されるものですので、絶妙なバランスが必要です。
このように考えると笑顔で仕事をするというのは難易度の高いものに思えます。
しかし、ちょっとしたことに気を付けるだけでレベルアップできるコツがあります。
そのコツさえ掴んでしまえば、決して場違いな対応になることはありませんし、レベルの高い接客ができてとても喜んでもらえるに違いありません。

スポンサーリンク

人間の顔のつくりは非常に複雑で、多くの筋肉が連動して表情を作ります。
その中でも特に大切なのが目です。
目は口以上に語る、と言われるように目線は多くのことを物語ります。
ですから、接客の際の笑顔を素敵にするコツも目です。
目も含めて表情全体で笑顔を作る必要があります。
顔は微笑んでいても目が笑っていないとその笑顔は無理矢理なイメージになってしまいます。
目で笑うというのは言葉で説明するのは簡単ではありませんが、目を大きく開くと言うと分かりやすいかもしれません。
目が大きくなるとその分多くの光が目に入り、反射して目が輝いて見えることで表情が明るくなります。
表情が明るくなれば、さわやかな印象を与えることができます。
また、目は感情が一番先に表れる場所でもあるので、気持ちに余裕を持つこともレベルアップにつながります。
状況に振り回されることなく、相手が望んでいるのは何かをいつも良く考えるなら、先を読むことができて心に余裕が生まれます。
余裕のある人の明るい表情は相手をリラックスさせ、レベルの高い接客をすることができます。
このようなちょっとしたコツを身につけることで笑顔を素敵にすることができるのです。

スポンサーリンク