接客 態度 悪い

接客態度が悪いと見られない為に

スポンサーリンク

接客態度が悪いと見られない為にはいくつか方法があります。
しかし、接客態度に関しては色々な方が色々な目で見ている事を忘れないで下さい。
ある人にとっては良いと捉えられてある人にとっては悪いと捉えられてしまう事もあります。
なので、良いと思っている態度や言葉遣いだけでなくこの方法も取り入れてみようと何種類か持っている事も必要だと思います。
例えば、ガチガチに丁寧語を並べても子供には分かりません。
その様なケースや外国人などのケースもあります。
要は自分達の商品やサービスが相手に伝われば良いと思います。
また接客が悪いと言われたらそのまま放置するのではなくそこから改善をすれば自分の為にもなると思います。
接客と言う職業又はポジションは人との関わり合いを最も必要とするポジションでもあります。
そのポジションに就くにあたり身なりや表情も気にする様になると思います。
そうなる事により日々仕事をしながら自分磨きにもなり良いと思います。

スポンサーリンク

では、具体的にどの様に見せれば良いのかという事ですが、接客態度が悪いと言われてもたくさん種類があります。
態度が悪かったり愛想が無かったりと色々あると思います。
しかし、この二つの方法である程度解決出来るのでは無いかと思います。
一つ目はお客さんの前に出たり就業中は口角を少し上げる意識をするという事です。
そうすれば相手から見られる印象が少々変わってくると思います。
お客さんと対話する時に眉毛と目の間を見ても良いかと思います。
そうすればお客さんもプレッシャーだと感じなくなります。
もう一つは背筋を伸ばす事も大切かと思います。
たかが姿勢だと思われがちですが、だいぶ姿勢により受ける印象が変わると思います。
バックヤード等ではともかくとしてせめて人前に出ているときは意識した方が良いと思います。
接客をするという事は色々な目にさらされるという事です。
少しでも悪いと言われないように自己防衛を心がけておけば良い印象を持たれると思います。

スポンサーリンク