接客 敬語 一覧

接客の敬語一覧について

スポンサーリンク

接客は相手とコミュニケーションを取るという仕事となっています。
したがって第一印象が大切になります。
このほかにお店や企業の顔として判断されることが多くなっています。
したがって身だしなみや言葉遣いに十分気をつける必要があります。
接客をするときには敬語を使うことが基本となっていますが、そのなかで敬語一覧というものをしっかりと頭に入れておくと実際に慌てることがありません。
この一覧に関しては企業やお店などでマニュアル化されているところもあるので、事前に確認をしておくようにします。
また接客をする中で間違いやすい敬語などがあるので、それをしっかりと確認しておくようにします。
間違えやすい敬語を使わないように、正しい使い方を身につけるようにします。
その一覧は次のようになっています。
まず気をつけたい表現として、になりますという言葉があります。
飲食店などで注文をした商品を出すときにコーヒーになりますというような言葉遣いをすることがあります。

スポンサーリンク

この表現は実際には間違っています。
この場合にはコーヒーでございますというように使います。
このほかにご利用できますという言葉がありますが、これは正しい使い方ではありません。
状況によって違いがありますが、お使いになれますやご提供いたしますというような使い方をします。
この方が自然に聞こえます。
接客をしているときにどうしても判断することができないことがあります。
この場合わかりませんという言葉を使うことがありますが、これは注意しなければいけません。
正しい言い方は、ただいまお調べいたしますので、少々お待ち下さいという形になります。
また接客の中で断らなければいけない状況になることがあります。
この際に質問系にすると相手に対して優しい印象となります。
優しく伺うように意識をすることで、相手に対して丁寧な印象を与えることができます。
会計の際は最後の接客の場面となります。
ここでお金をお預かりしますではなく、何円からでよろしいでしょうかというような言葉遣いが正しくなっています。

スポンサーリンク