ホテル 接客 言葉遣い

ホテルの接客の言葉遣いについて

スポンサーリンク

ホテルにはさまざまなお客さんが利用するところとなっています。
したがってここで働いているスタッフはおもてなしの心をしっかりと持つということが大切となります。
このほかにホテルでは、接客態度や言葉遣いが非常に重要視されるようになっています。
接客を行うときに大切な用語があります。
それが次の7つとなっています。
いらっしゃいませやお待たせいたしました、このほかにはかしこまりましたや少々お待ち下さい、また申し訳ございませんや恐れ入りますやありがとうございますという言葉となります。
これらの言葉をしっかりと頭に入れておくことが接客の際には大切となります。
ホテルではたくさんの人が行き来するようになっていますが、そのなかでいらっしゃいませという言葉遣いは大切になります。
ここには感謝の意味と呼びかけという2つの意味があるからです。
お客さんと話をするときには、かならず目を見て笑顔で感謝の挨拶をするように心がけます。

スポンサーリンク

またお待たせいたしましたという言葉がありますが、これはホテルの受付などで使われる言葉遣いとなっています。
何か依頼を受けたり何かを提供するときには、少しでも待たせてしまうことになります。
そのなかでこの一言を加えるだけで印象が大きく変わります。
お待たせして申し訳ありませんという気持ちが込められているのです。
このほかに待っていただいてありがとうございましたというような感謝の気持ちも含まれています。
また言葉遣いの中にはいくつかの注意点があります。
それはあまりにも丁寧すぎると逆に失礼になることもあります。
言葉というものは大切なことですが、人が自分の気持ちを伝えるときに必要なものとなっています。
しかし使い方を間違ってしまうと、違う意味で相手に伝わってしまうことがあるので注意が必要です。
またホテルでの接客の際には、言葉遣いと同時に身だしなみにも注意をする必要があります。
これは必ずしもしっかりとメイクをしなければいけないということではありません。
トータル的な魅力のことになります。

スポンサーリンク