美容師 接客 苦手

接客が苦手な美容師の克服法

スポンサーリンク

美容院・美容室で働く美容師は、髪をカット・セットする技術をもった専門家です。
しかしながら、お客さんとの会話の技術「接客」を苦手とする方も少なくありません。
接客が苦手な原因は以下のものが代表例です。
一つ目は、髪のセットやカットに興味があって美容の世界に入ったものの、人と接することは元々得意ではない場合です。
美容院で働くことはやはり接客業の一つです。
しかし、このような場合であっても、経験を積むことで徐々にお客さんとの会話の糸口がつかめてきます。
なぜなら、美容師である以上、髪については専門家ですので、お客さんとの会話も髪を中心としたものから始めればよいからです。
二つ目は、美容学校では髪のカットやセットに関する専門知識を重点的に教えるので、お客さんとの接し方についてはあまり教えないカリキュラム構成になっているためです。
お客さんは美容師の髪のカットやセットの技術だけでなく、その人と気が合うか、話が合うかといった人間的な部分も含めて評価しています。
その人にお客さんが付くかどうかは専門知識だけでは不十分なのです。

スポンサーリンク

では、お客さんとの会話が苦手な美容師はどのようにそれを克服したらよいでしょうか。
それには以下の方法があります。
まずは、自分の得意な分野の会話から始めるというものです。
料理や旅行など、幅広い人が関心を持つ話題であれば、会話のきっかけとなりやすいからです。
この際、話題として盛り上がらなくても構わないということが重要です。
美容院におけるお客さんとの会話では、会話のキャッチボールが出来ることが重要です。
次は、自分の趣味の友達をお客さんとして呼ぶというものです。
これは「営業」活動といっても過言ではありません。
具体例を挙げましょう。
若い美容師の中には、携帯型ゲームをプレイすることが趣味の方もいます。
この場合、ゲーム仲間に自分の美容院を紹介するのです。
友達も自分の友達がカットしてくれるのであれば安心できますし、自分から見れば友達がお客さんなわけですから、会話の糸口をつかむのは比較的容易です。
接客といっても苦手意識をもたずに、自分のできるところから始めることができます。

スポンサーリンク