飲食店 接客 心得

飲食店飲食店で接客をする場合の心得について

スポンサーリンク

飲食店でアルバイトをした場合、接客が重要になります。
例えば注文の際に、お客様に良い印象を与えることができたら、店全体の好印象につながります。
反対に、注文の際にお客様に悪い印象を与えてしまった場合は、そのお客様はもう来店しない可能性があります。
またネットの飲食店情報でも悪い噂が流れる可能性が出てきます。
そうなってしまったら客足が伸びずに売り上げが減ってしまうことにもつながってしまいます。
そのため、飲食店で積極をする場合にお客様に好印象を与える方法がいくつかあります。
その1つが、笑顔を大切にすることです。
店員が笑顔を大切にすることによって、店全体の雰囲気が良くなります。
そのためお客様が落ち着いて、楽しく食事ができるようになります。
そのため接客業の心得としては、どんなに辛いことがあっても個人的な感情を仕事に持ち込まずに笑顔を大切にすることが大切となります。
また、忙しい時こそ笑顔が大切となります。

スポンサーリンク

飲食店でアルバイトをする場合、大切な心得としては、お客様の注文を聞く場合は、注文を全て聞き終わってから、確認のためにもう一度復唱をすることです。
これによって注文忘れや、同じ注文が重複することを避けることができます。
また、飲食店の接客として大切な心得として挙げられることは、お客様の立場に基づいた接客を心がけることです。
例えば、オススメのメニューがあったとしても、それを必要以上に勧めないようにしましょう。
食事の好みは個人差があるために、自分の好みを押しつけないようにする事が大切となります。
また、お客様が気持ちよく来店するためには、入り口の掃除が大切となります。
例えば雨の日や雪の日で、玄関が濡れたり汚れることが多い時には、空いた時間に拭き掃除などをしておくと良いでしょう。
また、お客様が誕生日であった場合は、経営者である店長と相談をして、ドリンクやデザートをサービスする事も良いアイデアとなります。

スポンサーリンク