カフェ 接客 用語

カフェやレストランの接客用語と憧れられる存在になるには

スポンサーリンク

【飲食店での決まり接客用語】カフェやレストランなど様々な飲食店にはある程度その店舗でのルールがあります。
業務について従うのはもちろんの事、来客するお客様に対しての「接客」は身につけるべき必須スキルです。
カフェの決まり接客用語と聞いて思い浮かぶのは「いらっしゃいませ」から始まり「ご注文お決まりでしたら伺います」といった言葉です。
あまり賢まった雰囲気よりはコーヒーやお茶を気軽に飲める場所ですので、笑顔で感じよく気配りするのが基本的なルールです。
逆に敷居の高いフレンチレストランや料亭などは作法など細かくチェックされる為、働く人もトレーニングや知識が必要とされます。
失礼のない態度や言葉は1日2日で身につくものではない為、郷に入っては郷に従えという言葉があるようにその場の先輩や店長を真似たりしながら身につけていくものです。
メモを取ったり、マニュアルを読んで学んだり一流であるほどそのスキルは高度です。

スポンサーリンク

【見習いたいと思う接客とは】ではお手本にしたいと思える接客とはどんなものなのか、カフェを例に挙げてみます。
例えば混んでいる為周りを気にしながらコーヒーだけささっと注文した人がいたとします。
ここで普通の接客であれば「コーヒーですね、少々お待ちください」と返します。
しかしもっと良い接し方の場合は違います。
「込み合っておりまして申し訳御座いません。
他にご注文御座いましたらお気兼ねなくお申し付け下さい」と急かしている事を察して詫びを入れるプラス本当は何か他のものも頼みたいという気持ちを表情や仕草から察して提案出来ればパーフェクトです。
ビジネスの現場では言われた事だけこなす指示待ち人間よりも自ら動く臨機応変に対応出来る人が重宝されます。
カフェもそれと同じでいかに気持ちよく過ごしてもらえるかを先回りした用語が自然に出てくる人が憧れられる存在になれるのです。
キャビンアテンダントが一流と呼ばれるのはそういった「気配り」のスペシャリストだからです。

スポンサーリンク