接客以外 バイト 大学生

大学生のバイトで、接客以外に気遣いが必要な部分があります

スポンサーリンク

日常生活の中で、飲食店の店舗などを利用する機会があります。
一人で利用したり、家族での利用、あるいは会社の同僚と共に利用する場合もあります。
 誰でも利用した事がある飲食店でも、中で働く場合には、状況がやや異なります。
利用し慣れた飲食店で、大学生がバイトをする場合などもあります。
若いという事で、店舗側では機敏さが必要になる接客などの業務を求めて、期待されるケースも多くあります。
しかし、接客以外でも、気遣いなどが必要になる場面はあります。
これは、強制ではなく、期待としてですが、大学生という若い人には、素直さがあると捉えられている事、現場などは多く存在しています。
若いイコール素直さという図式が、店舗側や自分以外の年上のスタッフに当然の事としてもたれている事が多くあります。
 接客以外の部分においても、例えば掃除や片付けなどが必要になる部分では、混雑時は特に、人手が不足する事もあります。
他のバイトスタッフが行き届いていない場合には、率先して役割をこなす事で、スムーズな流れになる場合があります。
店舗側、その他のスタッフからの信頼を得る事にも繋がるといえます。

スポンサーリンク

 大学生が接客を業務内容とするバイトに臨む際に、接客以外の内容で注意すべき点などもあります。
接客については、ある程度のマニュアルが存在しています。
どの店舗においても、接客に関する詳細な注意点などを、マニュアルにも記載していたりします。
それ以外の部分では、やはりスタッフ同士のコミュニケーションを大切にする事は重要です。
コミュニケーションというのは、会話に限らず、歩調を合わせるなども含まれます。
まずは、先輩の行動を参考にしながら、相談すべき点はアドバイスを仰ぐ姿勢をとる事も必要です。
 また、大学生が店舗などで接客する場合に、来客が非常に多い店舗で働くケースなどもあります。
この場合には、注文やお客様を捌く事が、店舗側にとっては重要になってきます。
自分の担当に固執する事なく、ヘルプの手を差し伸べるなども工夫の一つになります。
見方としては、店舗スタッフがチームとなって、お客様の対応に当たる事が大切なポイントになるという事です。
店舗内をスムーズに回す一員であると意識する事が必要になります。

スポンサーリンク