接客 目標 例

接客における目標例は、お客様側が求める売上に繋げる事です

スポンサーリンク

店舗では、お客様が来店する事で、売り上げが発生するという考え方をする場合が多くあります。
お客様が商品を見たり、使い心地などを確認する事もあります。
 店舗における重要ポイントとしては、接客があります。
店舗内の誘導をしたり、商品説明などを行う事もあります。
目標とされる接客スタッフの例としては、第一段階として、まずは店舗や商品について何でも返答・説明できる姿勢をもっている事です。
 店舗については、場合によっては、詳細な内容が通知されずに、現場の業務に就く場合もあります。
しかし、お客様に質問される事が想定される基本的な内容については、情報として準備しておく必要があります。
創立年などは知っておくと、お客様との会話にも活用できる事があります。
 他の例としては、商品に関する知識です。
目標とされるのは、勿論全てのアイテムに関する知識を有している事です。
唯、商品や店舗によっては、商品が多種多様を極めている場合もあります。
せめて日常よく出る商品などについては、知識を深めておく事が必要になります。

スポンサーリンク

 接客における最終目的地点は、売上に繋がる事でもあります。
それは、売上に繋げれば、お客様の立場を考えなくてもいいという事ではありません。
まずは、お客様の必要性を考え、何が一番必要な状態であるのかを分析しながら、数多くの商品から最適な一品を選択して差し上げる事が重要です。
候補は、店舗内の商品しかない、という事を当然と考えれば、どれがお客様の必要に一番近いのか、選択を可能にします。
それが、目標である売上に繋がるという事です。
 目標とすべき接客の例としては、お客様が必要とする時に、必要なポジションにいる事でもあります。
商品などを扱う店舗を利用するお客様からすると、常に付きまとわれていると感じる距離感は、敬遠してしまうケースが多くなっています。
敬遠するのは、接近してくる店舗スタッフ、あるいは購買意欲という意味になります。
程よい距離感を保ちながら、お客様の視線や商品を手に取る様子を見ておく、把握しておく事が重要です。
お客様が求める商品もですが、求める雰囲気などについても、配慮が必要になります。

スポンサーリンク