接客 プロ 職業

接客のプロと呼ばれる人たちの職業について

スポンサーリンク

日本を始め世界中には接客業という職種が存在しており、相手をおもてなしすることに特化している職業となっています。
その中でもプロと呼ばれている職業の方として、1つめにホテルマンという職種が存在しています。
主にホテルで働く方を指す言葉となっており、世界でも有名な接客のプロとして認識されています。
日本国内においては、ホテルを訪れた方に対して心からおもてなしをすることが大きな特徴となっています。
言葉使いや接客スキルにおいて、とても厳しい業界であるということが大きな特徴でもあります。
また近年は日本のホテルでも外国人観光客が増加していることから、英語や中国語などの語学スキルも必要になっています。
ホテルマンといってもいくつかの業種に分かれており、受付で業務を行うフロントやコンシェルジュという方がいます。
そして1流ホテルに多い業種として、ホテルや車のドアなどを開閉するドアマンという方がいるのも大きなポイントとなります。

スポンサーリンク

 2つめの接客のプロと呼ばれることがある職業についてですが、ツアーコンダクターという方も該当することがあります。
一見すると旅行案内人のように見える職業となっていますが、主に旅行代理店におけるガイドという役割があります。
そのため旅行プランなどに参加した場合においては、ツアーコンダクターが責任者となることが多いです。
またただ観光名所を案内するだけでなく、参加者が事故などを起こさないように気を配ることも不可欠となります。
そして参加者により旅行を楽しんでもらうことも必要なので、そういった意味では接客スキルが必要になっています。
ホテルマン同様に、旅行プランの参加者の中には外国人観光客がいるというケースもあります。
そのため語学スキルについても必要となる職業であり、接客スキル以外にも色々と知識などを活用することが出来るのが特徴です。
ただホテルマンに比べると、出来ないことは出来ないと伝えることが可能な点が特徴でもあります。

スポンサーリンク