接客業 向いてない バイト

接客業として向いてないバイトの態度

スポンサーリンク

接客業といっても色々な種類があります。
たとえば、ファーストフードの店ではバイトの店員がほとんどを占めます。
そこでは、接客に対するマニュアルを徹底的に学ぶのですが、やはり向いていない人もいます。
まず、たとえ作り笑いをしたとしても不自然な笑いは、むしろ顧客を遠ざけます。
さらに、いくらマニュアルを完全に消化したとしても実際の実践は、ケースバイケースで対応していかなければいけません。
そのために、機転の利かないバイトの人たちは、そういった場面で悪戦苦闘してしまいます。
機転を利かすと言っても、生まれ育った環境や性格が影響を及ぼしていることは事実です。
こういった点に欠ける人たちは接客業には向いてないと言えます。
たとえば、ファーストフードの店にも最近では高齢者の人たちも来客として増加している実態があります。
こうした人たちに対して、いつものようなマニュアル的な接客が功を奏すかと言うと、これも一概には言えません。

スポンサーリンク

接客業で一番大切なことは、相手の身になって寄り添い、相手の希望を確実に聞き取る力が必要です。
そのためには、こうしたケースの時には、高齢者がどういった状況にあるのかを瞬時に判断することが大切です。
つまり想像する力が大切です。
たとえば、いつもよりゆっくりと、ハッキリとした言葉で話すように心がけるという配慮が必要です。
同時に相手の反応を見て、臨機応変に対応することも大切です。
何も高齢者だけに限りません。
お客様の状況に合わせた接客ができないと、この仕事には向いてないと言えます。
たとえバイトであったとしても、責任を持った接客は求められます。
また、お客様は常にサービスと笑顔は一対と考えていますから、これも欠かせないひとつの条件です。
人とのコミュニケーションを取るのが苦手な人たちには、接客業はやはり難しく、向いてないと言えます。
バイトだからという甘い感覚ではなく、自分の接客に対するスキルを上げていこうとする向上心が求められる仕事ですし、やり甲斐もあります。

スポンサーリンク