接客業 苦手 克服

接客業の苦手を克服する方法

スポンサーリンク

接客業に苦手意識を持つ人は多いようです。
確かに初対面の人とコミュニケーションをすること、また、働く側とお客さん側という立場の違いを踏まえること、など超えなければいけないハードルが有ることも事実です。
ですから、そこに苦手意識を持ってしまうのも、仕方が無いのかも知れません。
しかし、いつまでも出来ない出来ないと言い続けていても進歩がありません。
ですから少しずつでも克服していくべく、段階を踏んで考えていきましょう。
ファーストステップとしては、全員と良好な関係性を気付かなくても良いということを飲み込みましょう。
もちろん、全員と仲良くなれれば理想ではありますが、現実問題としては無理な話なのです。
であれば、サッパリと諦めることも大事です。
やるべきことをやって、その上で上手くいかないのであれば、仕方が無いこととして、こだわらず諦めてしまいましょう。
接客業において、人間関係に諦めを持ち込むことは好ましいことに思えないかも知れませんが、割り切りは必要なのです。

スポンサーリンク

さて、次の段階です。
いくら全員は無理だとしても、そのことを言い訳にして苦手克服も諦めてしまってはいけません。
頑張れる範囲で頑張ることは必要です。
多くの場合、諦めるのは、接客業に対して勘違いをしているお客さんです。
お客さんが店員に対して威圧的で、関係性を超えた言動をするケースが有ります。
こういった場合には、そのお客さんとの関係性を良くしようと努力しようとしたところで、徒労に終わる可能性が高いです。
ですから、こういった相手を克服しようと頑張ったところで無駄な努力になりますので、諦めて良いのです。
さて、そういったお客さん以外の人とは、苦手と言わずコミュニケーションを深めていきましょう。
とはいえ、特別なことをする必要は無いのです。
大切なことは、接客業としてやるべきことをやる、ということです。
基本的なことをおろそかにして高みに行くことは出来ません。
ですから、入店時の挨拶をはじめ、マニュアルなどやるべきことをきっちりとこなすことで、場馴れしていき、その重ねた経験が苦手という意識を乗り越えさせてくれるでしょう。

スポンサーリンク