接客 言葉 何々になります

接客での何々になりますという言葉も、お客様を主体に使用します

スポンサーリンク

お客様をお出迎えする場所は、店舗やホテル・旅館、様々な所に存在しています。
 お客様をお出迎えする際に必要となるのが、接客業務でもあります。
態度もですが、まずはスタッフ側がお客様へ発する言葉は、お客様への店舗等に対する第一印象に繋がる事があります。
それほど重要な働きをする事があるのです。
『何々になります』という言葉が、接客の場面では多く利用されています。
お客様お二人がお見えです、などで使用されます。
になります、というのは、お客様を主体にして考える必要があります。
店舗等では、お客様が一番の上位者という事になりますので、その点に留意しながらの活用がポイントになります。
 何々になります、という言葉は、お客様を主体にすると、場面によっては、丁寧語や尊敬語に変化させる必要が生じます。
お客様がボックス席やカウンター席に誘導される際にも、店内スタッフに通知する場面があります。
その時には、『入られます』という風に置き換える事が必要になります。

スポンサーリンク

 接客の場面でよく聞かれる、何々になります、という言葉の中で、店舗内などの方向指示を出す場合があります。
こっち、あっち、そっちなどの方向についても、こちら、あちら、そちらになります、という具合の変換が必要です。
方向指示については、商品などを指し示す場合も含まれます。
普段から、身近で手軽に会話の中で使用する単語は、お客様への丁寧語や尊敬語に置き換えるなどをしておくと、いざという時の咄嗟の対応ができます。
接客には、取って付けでない、自然な流れが必要な場面が多くあります。
 また、何々になりますの言葉には、お客様への質問に応じる場面、レジなどの会計場面でも金額をお知らせする際に使用されます。
この場合には、明確な回答をもって、何々になりますという返事をする必要があります。
内容に断定性をもった受け答えが必要となる点に留意しながら、活用する事が大切です。
間違った場合には、勿論修正も必要ですが、後から間違いを訂正すると目立ってしまうので、注意して発する様にします。

スポンサーリンク