接客 営業 違い

接客と営業の違いについて

スポンサーリンク

たくさんの企業がありますが、ここで働いている人もたくさんいます。
さまざまな業種がある中で、接客業と営業職というようなものがあります。
これらの違いをしっかりと理解している人は少なくなっていますしかし違いがある中にも共通点があります。
共通点がたくさんあるということで、それほど差がないのではないかと判断している人が多くなっているというのが現状です。
そこで大きな違いの一つとして、優先しなければいけないことが異なるという点です。
これはお客さんと接する際の目的に関係しています。
自分の会社の商品を売るという目的でお客さんと接するというのが営業職となっています。
最初の段階ではお客さんの意志は購入する気持ちがないというところから始まることが多いです。
したがってここでお客さんの気持ちを優先していたのでは、営業職としての業務を果たすことができません。
ここでの気持ちを納得した中で購入したいという気持ちに変えることが主な仕事となっています。

スポンサーリンク

これに対してお客さんの要望やニーズにこたえることができるように働きかけるのが接客業となっています。
お客さんに商品を販売するということも仕事の一つとなっていますが、ここではお客さんに商品を売ることが必ずしも第一目的ではありません。
ここで優先させなければいけないことは、お客さんのニーズや要望や目的に対応をすることになります。
これが営業職との大きな違いとなっています。
業務の中で手が空いているときに何か質問をされれば、それに答えることが最優先となっています。
このほかに接客業と営業職の違いは、求められている成果があります。
接客業に求められていることは顧客満足となります。
これはお客さんの要望やニーズを満たすというサービスによって、このサービスに満足をしてもらい、感謝の気持ちを持ってもらうようにすることです。
これが求められる成果となります。
これに対して営業職に求められる成果は売り上げとなります。
これに成績も伴ってきます。

スポンサーリンク