接客 ロープレ コツ

接客業におけるロープレのコツ

スポンサーリンク

サービス業をしていると接客は必要不可欠ですが、基本的にはいきなり人前で接客をするケースにはならないです。
たいていはロープレと呼ばれる訓練をされるところがほとんどです。
ロープレとは、一連の流れを実際の業務と同じ流れで訓練する行為で、新人の訓練はもちろんですが、従業員の意識向上をするためにも行われています。
これをすることで実際の業務に自信をつけられるのですが、なかにはこのロープレが苦手という方も多いと思います。
しかしこのロープレを乗り切るにはコツがあります。
基本的に流れのなかで接客対象となる相手は、上司や先輩になるケースがほとんどですので、一般の方の接客よりも緊張をしてしまうこともあると思います。
上司や先輩と良好な関係を築けていたり、パフォーマンスをすることに慣れている方であれば、この時間は比較的楽しい時間になることもありますが、特に入ったばかりの新人であれば、この時間はひとつの関門ではないでしょうか。

スポンサーリンク

人前でパフォーマンスを見せることが苦手な方には、同僚などが集まる場でのロープレは緊張してしまいがちです。
そこでコツとしては肩の力を抜いたうえで、普段の接客以上のパフォーマンスを魅せようとするのではなく、普段通りの流れを実践するのです。
人は必要以上のことをするとうまくいかなくなることがあります。
特に苦手意識を持っている行為に関してはそれが顕著に現れます。
これが出てきてしまうと本末転倒で、不必要な注意や指摘を受けてしまうこともあります。
もちろん普段通りのパフォーマンスをするときにも、指摘を受けることがあると思いますが、その時には指摘された内容や改善点などをしっかりとメモを取ったり、絶妙な相槌をすることで、相手から自身の意識の高さをアピールすることができます。
つまりパフォーマンスで魅せる自信がなければ、意識の高さを魅せることでロープレをしている時間を有意義なものにするとともに、店舗内での評価を上げるコツです。

スポンサーリンク