接客 心理 検定

サービス業で持っておくと良い接客心理検定とは

スポンサーリンク

今や、第三次産業に従事する人が第一次、第二次よりも多い時代になりました。
そんな時代の中で、接客業においては、そのように似たようなお店が増え始めており、サービスをただ提供するだけでなく、どれほど質の良いサービスを提供することかということもお客さんを呼び込むために必要なものとなっています。
そんな接客業に従事するにおいて持っておくと良い知識はどのようなものがあるのでしょうか。
まず挙げられるのが接客心理検定です。
この検定は接客心理を学ぶことによってお客さんの購買意欲を高め、お互いの利益を大切にした取引をすることが出来るようになることを目指す検定であり、1級から3級まで存在しています。
この接客心理検定では、お客さんとどのように商品の販売を交渉するか、クレームはどう処理すればよいのかなどといった商品を売る立場において重要なことが問われるので、販売職・営業職の人には特におすすめの資格であり、学生からも注目されています。

スポンサーリンク

実際にこの検定を受験している人は、サービス業に携わっている社会人が2割、それに加えて大学生が3割となっています。
まだあまり知名度の高くないジャンルの検定であることから、若年層からの注目の方が高いので、今後も需要は高くなっていく資格であると言えます。
人とコミュニケーションを取ると言うことも当然難しいですが、それに加えてさらに難易度の高い「人にものを売る」という行為はコミュニケーションスキル以外にも商品に関する知識や、相手が本当に欲しいと思うことの出来る説明をすること、相手を上手く商品購入までコントロールする話術が必要です。
これから社会人になる人、交渉が苦手な人は特にこの資格を勉強するだけでも交渉や接客業におけるコミュニケーションの取り方などを学ぶことが出来るので、とても有益な技術、能力を身につけることが出来るようになります。
民間資格であり、3級は自宅で気軽に受験することが出来るのでぜひ受験してみてはいかがでしょうか。

スポンサーリンク