接客態度 クレーム お詫び

接客態度でクレームがきたらお詫びする

スポンサーリンク

最近の接客業では、接客態度の悪い方が多いです。
お客様に対しての対応に悪さでクレームがきた時には、ひたすらお詫びをして頭を下げることが大切です。
お客様がクレームを入れるということは、大変勇気がいりますし、気持ちを抑えられないなどです。
言葉の間違った使い方や態度が悪い、上から目線、または、お客様の勘違いなどが考えられます。
クレームがきた場合には、お客様の言い分を聞くことが大事です。
何も言わず最後まで聞く体制が重要です。
最後まで話すことでお客様の気持ちが少し落ち着くことがあります。
落ち着いた後で、お詫びし、要望などを聞きます。
言い訳はしない方が良いですが、勘違いされている場合には、説明をしましょう。
接客態度でもどのような態度だったのか説明していただき、改善しましょう。
クレームは、向上に繋がる宝だと考えることができます。
沢山のクレームは、一見ダメなことのように思いますが、これからの接客の向上になることでもあります。

スポンサーリンク

接客態度が悪いとお客様は来店を嫌います。
クレームがきたらお詫びをします。
仕事に就く前に研修期間を設けて接客態度について勉強、訓練することが良いです。
態度が悪いとお客様を逃してしまいます。
しっかり、良い接客を身につけて仕事に就いた方が会社やお店のためになります。
すぐに仕事に就かせる会社やお店もありますが、お客様に対する対応がわからない方は態度が悪いです。
「いらっしゃいませ」や「ありがとうございました」の基本がない方も多いです。
これだけのことでもお客様は不快な気持ちになります。
また、言葉の使い方の間違い、商品等の説明不足、従業員通しの私語などが多い会社やお店、嫌な顔、お客様に対する差別なども不快な気持ちになります。
このような態度がないように研修が必要なのです。
基本だからわかるであろうと思う考え方はしない方が良いでしょう。
また、悪い態度をしたと言われたらお詫びをすることも大切です。
接客態度の良い会社やお店は繁盛します。

スポンサーリンク