接客業 仕事 種類

接客業とはどのような仕事か、接客業の種類は

スポンサーリンク

接客業とはどのような仕事でしょうか。
文字通り、お客様と直接会う、話す、やり取りをするようなものです。
接客業にはたくさんの種類の仕事があります。
飲食店で注文を取ったり料理を運ぶ、百貨店・アパレルや雑貨店などの販売員、エステや美容師などの美容系、飛行機などの客室乗務員、ホテルや旅館のフロント、コンビニのレジなど、ざっと挙げただけでもたくさんの種類の仕事があることがわかります。
また仕事の一部が接客というものも含めればもっと仕事の種類もたくさんあります。
銀行や郵便局などの窓口などもそうですね。
働いていれば、社外の人や、個々人のお客様を相手にする機会は以外と多かったりするので、知らず知らずのうちに接客をしている状況が多かったりします。
いわゆる接客業でなくても、対応によってお客様に気に入っていただいたり喜んでいただけ、ビジネスチャンスに繋がったり、良い関係を築いていくことが出来たりしますので、接客はビジネス上で非常に大切な位置づけとなります。

スポンサーリンク

接客業のやりがい、楽しさはどのようなものなのでしょうか。
接客業は大変なことも多いのが現実です。
世の中には老若男女、いろいろなお客様がいますからね。
ちょっとクレーマーまがいのもの、来店を遠慮して欲しくなるような態度のお客様も居ますが、そんな時でも仕事としてプロとして責任をもってお客様に接客しなければならない時があります。
精神的な疲労や緊張を味わうことも多いでしょう。
それでも接客は非常に素晴らしくやりがいのある楽しいものでもあります。
第一に、自分の接客でお客様に喜んでいただける、満足していただけた時は本当に嬉しいですよね。
また来るわ、ありがとうと言われたら、嬉しくてさらにやる気も出ますね。
接客業は、相手がモノではなく人だけに、心を込めて行うことが大切です。
そのためには、お客様がどのような目的を持って来店しているのか、悩みや相談ごとがあるのか、何を欲しているのかを早い段階で見極め、的確に対応していくことでお客様に満足感を与えられることでしょう。
また、信頼していただけるように、丁寧・誠実な態度と優しさや笑顔でいることも非常に大切です。

スポンサーリンク