飲食店 接客 言葉遣い

飲食店での接客や言葉遣いについて

スポンサーリンク

接客という仕事は、お店の顔とも言える非常に重要な部分となっています。
この態度によってお店に対する印象が決まると言っても過言ではありません。
また売り上げなどにつながることもあるので、しっかりとそのポイントを抑えておく必要があります。
ファミリーレストランなどの全国展開を行っているチェーン店などがありますが、ここでは接客の際の言葉遣いなどに対してマニュアル化がされているところが多くなっています。
しかしやはり実際に働いているのは人間なので、いくら決められていてもお店によって違いが出てきます。
飲食店で働くときには、顧客に不快感を感じさせないような接客をすることが大切になります。
そこでポイントとなるのは、服装や行動になります。
飲食店は食べ物を取り扱っているお店となるので、ここで清潔な服装をしていないと印象が悪くなります。
メイクや服装や髪型などには注意をします。
このほかにポイントとなるのは声の大きさです。

スポンサーリンク

注文を受けるときに声が小さくなってしまうと、本当に注文をすることができたのかと不安になってしまいます。
忙しいときにはとくに余裕がなくなってくるので、声の大きさには注意が必要です。
また忙しさのあまり言葉遣いが雑になってしまうことがあります。
強い言葉遣いをしてしまうと、乱暴な接客をされたという印象になってしまいます。
とくに飲食店の中でも居酒屋などの場合には、大きな声で挨拶をするような指導が行われているところが多くなっています。
飲食店は食事をすることが基本となっていますが、このほかに時間を楽しむところとなっています。
したがってあまりにも従業員の声が大きすぎても印象がよくありません。
従業員同士のおしゃべりにも注意をします。
ここでの接客は必ずしもマニュアル通りに行っておけば間違いがないということではありません。
実際のお客さんの様子を見て声の大きさを変えたり、話し方などの言葉遣いに気を遣うなどの対処をすることが大切になります。

スポンサーリンク