接客業 ストレス 客

接客業はいろいろな客を相手にするためストレスが多くある

スポンサーリンク

接客業でお店に店員としていると、さまざまな客が来ます。
小さな子供からお年寄りまで年齢も幅広いのと同じで、人それぞれ性格も違います。
品揃えからお店の外観や店内の様子、店員の態度などにクレームをつけてくる方もいます。
店員の不手際によるものであれば対処をする事も可能ですが、中には何度も対処する事ができない言いがかりのようなクレームを言ってくる方もいます。
接客業をしていれば必ずそのような客がいます。
店員の中ではいつしか要注意人物となる人が必ず出てきます。
そのような方の相手をするのはベテランの方でもとても大きなストレスとなります。
話は行ったり戻ったりを繰り返しなかなか退店もしてくれる気配もなく、時間ばかりが過ぎていくというのも珍しい事ではありません。
そして、店員の側も仕事である以上無下には出来ないのも現実です。
対処できないクレームを言ってくる方はその事も分かっており言ってくる事がほとんどです。
このような状況が長く続くと周りの客達も不審に思うのは当然です。

スポンサーリンク

このような対処しきれないクレームを言ってくる方達をうまく対処する方法は、必ず上司に相談する事です。
そして、店内での対処が難しい時は事務所の応接室に通すなど少しの特別扱いをすると満足する事がほとんどです。
このような方を相手にすると、店員も一人の人間なのでストレスが溜まるのは当然の事です。
時には溜まったストレスを発散する場所を設け、店員同士で話をする事でストレスの緩和となります。
上司や経営者の方は、更衣室や休憩室などは店内から離して設置をして、更衣室や休憩室の声が店内に聞こえないように配慮をする事も必要です。
接客業は誰にでも出来ると思われますが、しっかりとしたものを求めるなら相当な忍耐力をもった人材が必要です。
特に日本はおもてなしの心を過剰に求める傾向があります。
店員がどこまでサービスでやればいいのか不明な点が多く、やりすぎではないのかと思われる事もやっている場合があります。
どこまでサービスでやるのか、はっきりとした線引きをするのも大切です。

スポンサーリンク